北 京一 (写真/右)
北 京二 (写真/左)
ゼンジー北京に師事。
1971年9月に漫才コンビ「北京一・京二」としてデビュー。
本格漫才師として人気を集め数々の番組に出演し活躍が大いに期待されたが1973年に突然解散。
コンビ解散後、京一はロサンゼルスに渡りパントマイムに取り組む。
その後、1970年代に日本のロック・ソウルシーンに大きな影響を与えたといわれるバンド「Soo Baad Revue(ソー・バッド・レビュー)」でヴォーカル、フランスにてパントマイムの巨匠エティエンヌ・ドゥクルーに師事し多くの舞台芸術フェスティバルに出演するなど欧州舞台芸術界で活躍、90年代初頭日本へ帰国。マイムの傍ら様々なアーティストとのコラボレーションや、ショーのプロデュースなどを積極的に行い、2004年からは、ロック・ボーカリスト・金子マリとともにバンド「5th Element Will」を結成するなど活動の幅を拡げている。
京二はコンサート、DJなどを中心に活動するが、スキルアップの為に渡米。ロサンゼルスにてLIVEとレコーディングを収め帰国。その後、これまでの芸能実体験を生かした感性をベースに、総合プロデューサーとしてもラジオ・CF・テーマソング・CMソング、ステージ各種イベント等の企画制作を行ない、国内外アーティストのプロデュース、イベント等を手がけた実績を持つ。現在は、自らバンドを率いライブ活動を中心に活動中。
コンビ解消後全く別の道を歩んでいた二人が2018年にコンビでの活動を正式に再開。
伝説の漫才師「北京一・京二」今後の活躍に乞うご期待!