近畿大学出身。
1966年桜井長一郎に入門し、1969年にコマ・モダン寄席で初舞台。
藤山寛美や鳳啓助などの声帯模写で一世を風靡、テレビや映画、舞台などでも活躍した。

1990年からは、KBS京都テレビ「ハッスルわいど」(田渕岩夫の得ダネ!てれび)の司会者に抜擢、
2008年3月28日の番組終了まで17年以上にわたり「京都の顔」として親しまれた。
親しみある人柄で、現在もテレビ、ラジオを中心に、ドラマ、また声帯模写の漫談で天満天神繁昌亭の寄席に
出演するなど幅広く活躍


主な出演番組
《ラジオ》
・田渕岩夫の6時です!(KBS京都ラジオ) ・ 田渕岩夫の健康一番(KBS京都ラジオ)
・田渕岩夫の思い出ほっこり…(KBS京都ラジオ)
《ドラマ》
あおによし(1972年 NHK)
おはようさん(1974年-1975年、朝の連続テレビ小説)
必殺仕業人(1976年 朝日放送)
ゆるしません!(1980年 関西テレビ)
先生お・み・ご・と!(1982年 関西テレビ)
銭形平次(1984年 フジテレビ)
心はいつもラムネ色(1984年 NHK連続テレビ小説)
てるてる家族(2003年 NHK連続テレビ小説)
《番 組》
・競馬中継(KBS京都テレビ) ・11PM(よみうりテレビ) ・ 生×カラTV(サンテレビ)
新部長刑事 アーバンポリス24(ABCテレビ) ・ 田渕岩夫の旅よろしおすなー(KBS京都テレビ)
田渕岩夫の得ダネ!てれび(KBS京都テレビ)*2008年番組終了まで17年以上にわたり司会を務めた。
田渕岩夫のもうかりまっか?  ・ 桑原征平のおもしろ京都検定  ・ 上方演芸ホール(NHK)

● CM
カイウル  ・ アリコジャッパン

CD
「もう一度京都」 「もう二度と京都」 (ユーカラ)

「もう一度京都」
(ユーカラ)


「もう二度と京都」
(ユーカラ)



おすすめ企画
ストレス社会の中で、心も身体も「イキイキ」とした生活を過ごしていくためにはどうすればいいのでしょうか?相手の立場で「考え」、想いを「伝える」やさしいコミュニケーション講座。コミュニケーションの改善は職場の人間関係、家庭、地域、子育てなど様々な分野で活かすことができます。まずは笑顔とあいさつから始めましょう!
日常のコミュニケーションにおいても「笑い」は潤滑油であり、笑顔で挨拶を交わすことがコミュニケーションの入り口です。笑いをテーマとした文化には、川柳のような文芸や落語・漫才・喜劇などの演芸があります。今のように生活が豊かではなかった時代から、庶民を楽しませ、日々の生活の苦しみを癒す働きをしてきた演芸。そのような良質な笑いの文化を、ものまね漫談をまじえながら分かりやすくユーモアたっぷりに語ります。日常生活に「笑い」を取り入れ、生き生きと明るく生きるポジティブな考え方を広める“田渕流”健康講演です。